【61歳/無職】貯金:3000万円、夫婦二人老後も普通に暮らしていけますか?

マネマネ004

 

1.相談者情報

名前:マネマネ004様

家族構成:夫/61歳、妻/61歳、子供1人目/ 26歳、子供2人目/ 25歳

職業:夫/無職、妻/主婦

年収:夫/0万円、妻/0万円

住まい:戸建(住宅ローン:300万円 残り5年)

 

2.相談内容

現在61歳の主婦をやっています。夫は定年退職をして、子供は2人いて、2人とも独立をしています。夫の退職金含めて、普通預金は2000万円で定期預金に1000万円あります。特に散財することもなく、夫と平穏な日々を過ごしていければいいのですが、今の預貯金の状況でこの先もやっていけるかどうか漠然とした不安があります。年齢も年齢なので、なかなか外に出て働くのも大変で、このご時世ですので、私のような高齢者を雇ってくれる所があるかも疑問です。なので、できれば今の資産状況で暮らしていければいいのですが、それは可能でしょうか?

贅沢をしたい訳でもないですが、夫と2人でたまに温泉に行ったり、子供が将来結婚して孫に恵まれたら、色々と援助はしてあげたいなと考えています。この年齢になって、相談しているので、遅いと思われるかもしれませんが、漠然と将来に不安を感じたので、ご相談させて頂きました。
 

3.家計情報

マネマネ003-家計状況

 

 〜以下回答〜

 

4.結論

問題ありません

 

5.キャッシュフロー表の解説

マネマネ003-キャッシュフロー表

 

 ◾︎キャッシュフロー表の解説

まずはキャッシュフロー表の解説をしていきます。結論から申し上げますと、今の生活レベルを続けても、全く問題ありません。むしろまだ、余裕はあります。上手に家計のやりくりをされてきているのかと思いますが、生活レベルを上げる、何か資産運用する、生活レベルは維持して旅行などでまとまった資金を使うなどが選択肢を検討しても良いかと思います。

 

【収入/前提条件】

収入については、既に定年退職されておりますので、収入は年金のみ計上しております。65歳から年金受給開始とし、毎月24万円を計上しております。それ以外の収入は一切含めておりません。

 

【支出/前提条件】

支出は現在お支払いしている毎月の支出に対して、毎年物価上昇率1%を計上しております。お子様がご結婚、出産などが発生した場合援助したいということでしたので、お子様の年齢が30歳になった時点で100万円/人を計上しております。また、旅行代として、75歳まで毎年30万円を計上しております。それ以外の支出は含めておりません。

 

【税金・社会保険料など/前提条件】

2020年12月末時点で設定されている条件に従い、マネマネ004様の収入(年金など)に合わせて自動計算しております。

 

【100歳時点】

これらの前提条件を考慮した結果、100歳時点では約2144万円が残っている予測となります。

 

6.アドバイス

前述でもお伝えしましたが、今の生活レベルを維持していけば、今の資産状況でも問題ありません。今の状態を続けて頂いても問題はございませんが、まだ余裕がありますので、生活レベルを上げる、何か資産運用する、生活レベルは維持して旅行などでまとまった資金を使うなどのご検討をされても良いかと思います。また、老人ホームに入居するなど介護が気になるようでしたら、それに合わせた対策を打った方が良いかと思います。

 

6-1.選択肢1 『生活レベルを上げる』

マネマネ003様の前提条件を加味して、キャッシュフロー表を作成すると、100歳時点では約2144万円が残っている計算となります。スタートが61歳でエンドが100歳ですので、この40年間で割ると、4.4万円/月の計算となります。

そのため、毎月4.4万円/月の生活レベルを上げて、100歳まで過ごしたとしても問題はありません。

 

6-2.選択肢2 『生活レベルは維持して、まとまった支出』

キャッシュフロー表には、治療費、車の買い替え、家具家電の買い替えなど年間でかかってくる突発的な支出は含めておりません。そのため、生活レベルを維持したまま、そういった突発的な支出に対応するという選択も良いかと思います。

前述と同じように月4.4万円、年間52.8万円となります。これらの支出は毎年かかってくる訳でもないかと思いますが、そういった事態に備えて貯金はとっておいても良いかと思います。

 

6-3.選択肢3 『もしもの時もしながら資産運用』

ご年齢もご年齢なので、もしもの時にも対応しながら、資産運用するというのも1つの選択肢としてはあります。以下が一例となるのですが、これらのいずれかを選択して、もしもの時に備えるというのも非常に有効的です。


マネマネ003-保険比較

基本的に保険でいう介護とは、要介護2状態を指しております。

要介護2とは?

家事や買い物など日常の動作に加え、食事や排泄など身の回りのことにも部分的な介護が必要な状態。

表は1000万円で設定はしておりますが、500万円などでも設定はできます。オススメは、元本保証があるマニュライフ生命の『未来を楽しむ保険』となります。また、一括でお金を移すのが怖いということでしたら、アクサ生命の『ユニットリンク』でも良いかと思います。

一例としてご紹介となりますが、マネマネ003様のご意向に合わせてどれを選択するべきかよくご検討されたら良いかと思います。

 

7.お問合せ

マネ×マネ|家計の見直しから始める資産運用