【30歳 / 会社員】婚約相手の浪費癖を直したいです

家計見直し 浪費癖

 

 

1.相談者情報

名前:マネマネ020様

家族構成:30歳/独身

職業:会社員

年収:384万円

住まい:賃貸

 

2.相談内容

こんにちは。30歳で会社員をしていて、婚約中の彼がいます。彼とは近々結婚する予定で、私の年収は1000万円で貯金は1000万円、彼は600万円で貯金が100万円なのですが、彼が浪費家で借金が300万円ほどあります。

結婚後は彼の社宅に住む予定ですので、家賃も抑えられるのですが、とにかく時計や車などが好きでカードローンを使って購入したりしていたみたいです。過去にも問いただしたことがあって、その時はほぼ完済できていたのですが、最近も気になって聞いてみたら、300万円ほどになっていました。

正直、借金があるからと言って、彼との結婚を辞めるとは考えてはいないのですが、どうしても彼の浪費癖が直らなくて困っています。どうしたら、彼の浪費癖を直すことができるのでしょうか?

3.家計情報

割愛

 〜以下回答〜

 

4.結論

婚約相手と将来実現したいライフプランを話し合いましょう
 

5.キャッシュフロー表の解説

他の方の場合ですと、キャッシュフロー表の結果を受けて以下のアドバイスをさせて頂いておりますが、マネマネ020様の場合はそれよりもお金に対する考え方についてお伝えする必要がありますので、割愛させて頂きます。
  

6.アドバイス 浪費癖の原因と対策

まず浪費家の特徴としていくつかあるのですが、マネマネ020様の婚約相手様の場合ですと、ご自身の資金体力以上にお金を使ってしまうという傾向があるため、それにのっとって解説をさせて頂きます。

6-1. 原因① 『家計管理が全くできていない』

まず1つ目の原因として、家計管理が全くできていないことが挙げられます。毎月の収入が何円で支出が何円かを把握していると、1ヶ月の余裕資金は何円で、1年間で何円貯金できそうだ!と計算できるかと思います。

しかし、マネマネ020様の婚約者様の場合ですと、資金体力以上の支出が発生してしまっています。本来ならばローンを組むことで、高い金利を金融機関に支払っているはずですが、それも正確には把握されていないことが原因として挙げられます。

 

【対策】マネマネ020様が家計管理を行ってあげる

 婚約中の現時点でこれができるかどうかは弊社では分かりかねますが、できる限りマネマネ020様が婚約者様の分まで家計管理をしてあげるのは1つの方法としてあります。

浪費癖がある方は、ある分は全て使ってしまうという特徴があるため、毎月自由に使える金額を指定してあげて、その中でやり繰りをしてもらうといったように、コントロールしてあげるのは良いかと思います。

 

6-2. 原因② 『自分自身が情弱であることを理解していない』

少しきつい言い方ですが、間違いなく婚約者様は情弱です。借金を作ってしまう理由として、カードローン、消費者金融、リボ払いなどがありますが、消費者金融の情報について提供します。

アコム業績

 

これはアコムの業績となります。2021年3月ですと、売上が2,663億円に対して、営業利益が988億円となっております。営業利益率は37%と異常と高い数字となっております。コロナの影響で飲食業界や旅行業界など多くの企業が赤字転落したのに対して、アコムは業績を伸ばしています。

これは、婚約者様のように情弱の方が、年利10%、14%などといった高い金利を払ってくれているからアコムはここまで高い利益率を出せています。まさに情弱のおかげと言っても過言ではありません。

『マネ×マネ』では、数多くの資産運用方法について情報提供をしておりますが、高くても年利4%、5%が良い所です。資産運用でお金を増やそうと思っても、なかなかそれ以上の利回りは期待できないです。

金融機関も資産運用を行っていますが、年利4%、5%ほどくらいしか見込めませんが、貸金を行うことで年利10%、14%まで膨れ上がらせることができるので、アコムにとってお金を貸し出すことは、最高の資産運用だと言えます。逆を言えば、情弱=カモの方々がいるから、企業を安定して存続されることができます。

 

【対策】情弱であることを知る

これまで情弱と呼んで大変失礼しました。しかし、知ってほしいのです。自分自身の資金体力以上にお金を使ってしまうと、最悪自己破産など取返しのつかない状況に追い込まれかねないので、情弱と言われて少しイラっとしたならば、ぜひとも気を付けて頂けたらと思います。

 

6-3. 原因③ 『結婚後のライフプランと金額が肝づいていない』

3つ目の原因としては、結婚後のライフプランを金額が紐づいていないことが挙げられます。今は婚約中でありお子様もいないので、今のお金の使い方でもなんとかなるかと思います。しかし、結婚しマイホームを購入しお子様が生れたら多くのお金が必要となります。

費用 相場
結婚式 200万円
マイホーム 頭金:物件価格×10%
出産 50万円/人
教育費(~大学) 2000万円/人

 

今後も収入は上がっていくと思われますが、それと同時に支出も増えて行きます。また、お子様が大きくなればなるほど支出は増えて行きますので、間違いなく今の金銭感覚では将来的に苦労します。

 

【対策】今後のライフプランと金額の紐づけを行う

そのため、今後のライフプランと金額の紐づけを行った方が良いかと思います。何年後にマイホームを購入してその金額は何円で、何年後に出産して、何年後にはお子様が中学校や高校に入学するな!その時の金額は何円。といった感じですね。

これをお二人で計算することで想像以上にお金が必要だと感じられるかと思いますので、非常に有効かと思います。

 

6-4. まとめ

家計のマネジメントを行う上で大切なことは経営思考を持つことです。今お勤めされている企業や世の中にある企業の経営者は経営戦略を立てています。

今の市場がこんな感じで、自社の立ち位置はここ。今のままだと将来的にこうなりそうだから、今こういうことをしないといけない!といった感じの戦略を立てています。これは簡単にお伝えしているので、実際はもっと複雑化されていますが。その戦略がうまく行けば企業は成長し存続することができますが、うまく行かなければ倒産します。

この思考法は自分自身の人生にも当てはめられます。それは前述のライフプランと金額の紐づけを行う作業で可能となります。そのため、ぜひとも参考にして頂けたらと思います。

 

7.お問合せ

マネ×マネ|家計の見直しから始める資産運用