会社が希望退職者を募集しているけど、応募しても大丈夫?

希望退職者

 

1. 早期・希望退職を発表した会社一覧

新型コロナの影響により2020年、2021年は早期・希望退職を募集する数が多くありました。この記事を見られている方の中にも、自分が勤めている会社が希望退職を募集していた、これからするかもしれない。といったお悩みを持っているかもしれません。

そのため、まずは希望退職の実態を知り、その後の生活をどう過ごしていくのか!を解説していきたいと思います。

 

■早期・希望退職を募集した会社一覧

対象:上場企業

期間:2021年上半期

参考:東京商工リサーチ

会社名 証券コード 業種 従業員数 募集人数 対象者
三菱製鋼 5632 鉄鋼 4,163 100 連結個会社への出向含む40歳以上かつ勤続3年以上の社員及び、再雇用者
リケン 6462 製造業 4,358 150 -
KNT-CTホールディングス 9726 旅行 5,451 35歳以上の近畿日本ツーリストとHDの社員
藤田観光 9722 ホテル 1,677 満40歳以上かつ勤続年数10年以上の社員。勤続年数5年以上の契約社員
LIXIL 5938 住宅 51,879 1,200 40歳以上かつ勤続10年以上の正社員
デサント 8114 アパレル 3,148 110 正社員(40歳以上)及び契約社員
スタンレー 6923 製造業 17,589 300 49歳以上60歳未満で勤続10年以上の基幹社員
本田技研工業 7267 自動車 211,374 55歳~59歳
竹田印刷 7875 印刷 1,062 100 勤続5年以上かつ40歳以上の正社員
ローランド・ディー・ジー 6789 印刷 1,220 150 全ての製造責任職および35歳以上の管理職、一般職、嘱託社員
キーコーヒー 2594 飲食 1,078 100 満51歳以上の社員。満64歳未満の定年再雇用嘱託社員、無期契約社員
オリンパス 7733 電子機器 31,653 950 グループ会社含む40歳以上かつ勤続3年以上の正社員と定年再雇用者、無期契約社員
カシオ計算機 6952 電子機器 10,404 営業部門またはスタッフ部門の勤続10年以上の社員のうち、45歳以上の一般社員または50歳以上の管理職
アマガサ 3070 アパレル 108 10 -
日本板硝子 5202 ガラス 25,955 40歳以上の社員
かんなん丸 7585 飲食 194 80 -
ヴィア・ホールディングス 7918 飲食 434 50 40歳以上60歳未満の正社員
三陽商会 8011 アパレル 1,572 150 正社員
IMAGICA GROUP 6879 映像制作 3,480 100 -
エンプラス 6961 プラスチック 1,563 40歳以上57歳以下の国内勤務管理職を除く正社員と58歳以上の正社員・嘱託社員
ワールド 3612 アパレル 9,099 100 40歳以上
ポプラ 7601 コンビニ 312 50 30歳以上59歳以下の正社員
日本たばこ産業 2914 飲食 58,300 2,950 -
ライトオン 7445 アパレル 931 40 40歳以上60歳未満の正社員
名村造船所 7014 造船 2,642 250 -
リーガルコーポレーション 7938 アパレル 1,128 100 満50歳以上の社員および再雇用社員
近鉄グループホールディングス 9041 旅行 30,343 45歳以上の管理職
日本金銭機械 6418 製造業 581 60 45歳以上かつ勤続3年以上の正社員、再雇用契約社員
ANAP 3189 アパレル 209 10 40歳以上かkつ勤続4年以上で、エストラマー事業部門の従業員とエストラマー事業への出向中の従業員
幸楽苑ホールディングス 7554 飲食 814 50 40歳以上かつ勤続5年以上
小田急電鉄 9007 鉄道 139,960 -
アステラス製薬 4503 製薬 15,455 450 -

 

2. 早期・希望退職のメリット/デメリット

早期・希望退職に募集することで、割増で退職金は貰えるものの、その後の生活は心配になりますよね。子供がまだ小さい。再就職できるのか?住宅ローンなど色んな心配があるかと思います。そのため、早期・希望退職することのメリットとデメリットについてまとめていきますので、今後の参考にしてみてください。

2-1. メリット①『退職金が多い』

希望退職に応募することで得られる最大のメリットは退職金が多いことにあります。会社によっても割増額は変化しますが、一般的には年収×2倍が割増分の相場になります。年収:500万円の方ですと、1,000万円が割り増しになり、年収:1,000万円の方ですと、2,000万円が割り増しされるイメージです。

2021年8月現在ですと、自動車メーカーのホンダが話題になっています。対象は55歳以上で、割増分は賃金×3年分(最大)が支払われるそうです。ホンダの平均年収は、816万円(2021年3月期 有価証券報告書より)のため、仮に55歳で平均年収の方でも、2,448万円が割り増しされます。

response.jp

 

2-2. メリット②『失業手当(失業給付金)が早くもらえる』

失業手当(失業給付金)が早くもらえることもメリットの1つになります。失業手当(失業給付金)は自己都合退職か会社都合退職かでもらえる時期が変わります。

退職金 制度

自己都合退職の場合は、退職(離職日)から受け取りまで約2カ月半の期間を要しますが、希望退職の場合は、会社都合退職となりますので、約1ヶ月後には失業手当を受け取ることが可能となります。

なお、失業手当をどのくらいの期間を何円受け取れるかは下記にてまとめてありますので、参考にしてみて下さい。

mone--mana.jp

 

2-3. メリット③『転職活動がしやすい』

3つ目のメリットは転職活動がしやすいということです。突然の会社倒産、リストラなどが発生した場合、転職活動をする時間もなく、退職金も十分に貰えないケースも多々あります。

それに対して、希望退職制度に申し込むことで、割り増しで退職金を得ることができ、在職中にも転職活動をすることができますので、時間的余裕が大分あります。

 

3. 早期・希望退職のデメリット 

ただし、早期・希望退職のデメリットも存在します。一時的に大きなお金を得ることは可能となりますが、デメリットもありますので、そのデメリットも考慮した上でどうするべきかを考えていきましょう。

3-1. デメリット①『安定収入が無くなる』

最大のデメリットは言わずもがなですが、安定収入が無くなることです。新卒の23歳から50歳まで会社勤めをしてきて、50歳でいざ早期退職し、年金受給開始の65歳までの15年間収入源が無くなりますので、それまでに資金準備が十分になければ、非常に苦しい家計状態になることが予測されます。

 

3-2. デメリット②『年金の支給額が減る可能性がある』

2つ目のデメリットは年金の支給額が減る可能性があるということです。年金は、『年金を受給開始になるまでの平均給与』と『加入月数』が影響します。早期・希望退職により、3カ月や半年などの年金支払いがストップした期間があると、65歳以降に受け取る金額に影響は与えます。

 

3-3. デメリット③『再就職に失敗する可能性がある』

これは年齢と経済状態にもよるのですが、若ければ若いほど転職しやすいということはあります。ただこればかりは、転職先の意向が影響しますので、年齢に関係なく、スキル次第ではすぐ転職が決まる方もいらっしゃいます。 

 

4. 早期・希望退職した後の選択肢

次は早期・希望退職した後の選択肢について考えていきます。

選択肢としては、①転職する、②起業する、③資産運用する(FIRE)の3種類があります。できるならば、55歳で早期退職して、その後は自由な生活を送りたいと考えられる方もいらっしゃるかと思います。

それが実現可能なのかどうかはその方の状況次第で変化しますので、ケーススタディを例に考えていきたいと思います。

 

4-1. ケーススタディ

早期・希望退職

【条件】

年齢:53歳

職業:会社員

家族構成:妻(50歳/専業主婦)子供1人(23歳/独立済)

年収:800万円

退職金:3,000万円(割増分含む)

預貯金残高:1,500万円

住まい:マイホーム(住宅ローン:65歳まで 計:1,170万円 7.5万円×13年)

■家計状態(万円/月)

合計 ¥42.0
住宅関連費用 ¥7.5
食費 ¥4.0
水道光熱費 ¥1.5
通信費 ¥2.0
保険料 ¥2.5
車両代 ¥2.0
教育費 ¥0.0
趣味/娯楽費 ¥0.0
雑費 ¥5.0
社会保険料/年金/所得税/住民税
(ボーナス分含む)
¥17.5

このような状況下において早期・希望退職した場合、その後の生活はどうなるのかを確認していきます。

 

■キャッシュフロー表

早期・希望退職

西暦 2,021 2,022 2,023 2,024 2,025 2,026 2,027 2,028 2,029 2,030 2,031 2,032 2,033 2,034 2,035 2,036 2,037 2,038 2,039 2,040 2,041 2,042 2,043 2,044 2,045 2,046 2,047 2,048 2,049 2,050 2,051 2,052 2,053 2,054 2,055 2,056 2,057 2,058 2,059 2,060 2,061 2,062 2,063 2,064 2,065 2,066 2,067 2,068
年齢
あなた 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
配偶者 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97
子供(1人目) 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70
収入
あなた                                                                                                
配偶者                                                                                                
年金                         ¥2,400 ¥2,400 ¥2,400 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100
退職金 ¥28,138                                                                                              
合計 ¥28,256 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥2,400 ¥2,400 ¥2,400 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100 ¥3,100
支出
家賃 ¥900 ¥900 ¥900 ¥900 ¥900 ¥900 ¥900 ¥900 ¥900 ¥900 ¥900 ¥900 ¥900                                                                      
食費 ¥480 ¥482 ¥484 ¥486 ¥488 ¥490 ¥492 ¥494 ¥496 ¥498 ¥500 ¥502 ¥504 ¥506 ¥508 ¥510 ¥512 ¥514 ¥516 ¥518 ¥520 ¥522 ¥524 ¥526 ¥528 ¥530 ¥532 ¥535 ¥537 ¥539 ¥541 ¥543 ¥545 ¥548 ¥550 ¥552 ¥554 ¥556 ¥559 ¥561 ¥563 ¥565 ¥568 ¥570 ¥572 ¥574 ¥577 ¥579
水道光熱費 ¥180 ¥181 ¥181 ¥182 ¥183 ¥184 ¥184 ¥185 ¥186 ¥187 ¥187 ¥188 ¥189 ¥190 ¥190 ¥191 ¥192 ¥193 ¥193 ¥194 ¥195 ¥196 ¥197 ¥197 ¥198 ¥199 ¥200 ¥200 ¥201 ¥202 ¥203 ¥204 ¥205 ¥205 ¥206 ¥207 ¥208 ¥209 ¥209 ¥210 ¥211 ¥212 ¥213 ¥214 ¥215 ¥215 ¥216 ¥217
家具、家事用品 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0
被服費 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0
保険医療費 ¥300 ¥300 ¥300 ¥300 ¥300 ¥300 ¥300 ¥300                                                                                
交通/通信費 ¥120 ¥121 ¥122 ¥124 ¥125 ¥126 ¥127 ¥129 ¥130 ¥131 ¥133 ¥134 ¥135 ¥137 ¥138 ¥139 ¥141 ¥142                                                            
通信費 ¥240 ¥242 ¥245 ¥247 ¥250 ¥252 ¥255 ¥257 ¥260 ¥262 ¥265 ¥268 ¥270 ¥273 ¥276 ¥279 ¥281 ¥284 ¥287 ¥290 ¥293 ¥296 ¥299 ¥302 ¥305 ¥308 ¥311 ¥314 ¥317 ¥320 ¥323 ¥327 ¥330 ¥333 ¥337 ¥340 ¥343 ¥347 ¥350 ¥354 ¥357 ¥361 ¥365 ¥368 ¥372 ¥376 ¥379 ¥383
娯楽費 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0
その他雑費 ¥600 ¥606 ¥612 ¥618 ¥624 ¥631 ¥637 ¥643 ¥650 ¥656 ¥663 ¥669 ¥676 ¥683 ¥690 ¥697 ¥704 ¥711 ¥718 ¥725 ¥732 ¥739 ¥747 ¥754 ¥762 ¥769 ¥777 ¥785 ¥793 ¥801 ¥809 ¥817 ¥825 ¥833 ¥842 ¥850 ¥858 ¥867 ¥876 ¥884 ¥893 ¥902 ¥911 ¥920 ¥930 ¥939 ¥948 ¥958
生活費 計 ¥2,820 ¥2,832 ¥2,845 ¥2,857 ¥2,870 ¥2,882 ¥2,895 ¥2,908 ¥2,621 ¥2,634 ¥2,647 ¥2,661 ¥2,674 ¥1,788 ¥1,801 ¥1,815 ¥1,829 ¥1,843 ¥1,714 ¥1,727 ¥1,740 ¥1,753 ¥1,766 ¥1,779 ¥1,793 ¥1,807 ¥1,820 ¥1,834 ¥1,848 ¥1,862 ¥1,876 ¥1,890 ¥1,905 ¥1,919 ¥1,934 ¥1,949 ¥1,964 ¥1,979 ¥1,994 ¥2,009 ¥2,025 ¥2,041 ¥2,056 ¥2,072 ¥2,088 ¥2,104 ¥2,121 ¥2,137
国民年金(あなた) ¥192 ¥192 ¥192 ¥192 ¥192 ¥192 ¥192 ¥192                                                                                
国民年金(配偶者) ¥192 ¥192 ¥192 ¥192 ¥192 ¥192 ¥192 ¥192 ¥192 ¥192 ¥192                                                                          
厚生年金(あなた)                                                                                                
年金 計 ¥384 ¥384 ¥384 ¥384 ¥384 ¥384 ¥384 ¥384 ¥192 ¥192 ¥192 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0
所得税/住民税(あなた)                                                                                                
社会保険料(あなた)                         ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140 ¥140
その他(支出)
(千円/月)
                        ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500 ¥500
貯蓄(単年) ¥25,052 -¥3,216 -¥3,229 -¥3,241 -¥3,254 -¥3,266 -¥3,279 -¥3,292 -¥2,813 -¥2,826 -¥2,839 -¥2,661 -¥914 -¥28 -¥41 ¥645 ¥631 ¥617 ¥746 ¥733 ¥720 ¥707 ¥694 ¥681 ¥667 ¥653 ¥640 ¥626 ¥612 ¥598 ¥584 ¥570 ¥555 ¥541 ¥526 ¥511 ¥496 ¥481 ¥466 ¥451 ¥435 ¥419 ¥404 ¥388 ¥372 ¥356 ¥339 ¥323
貯蓄(累積) ¥40,052 ¥36,836 ¥33,607 ¥30,366 ¥27,113 ¥23,846 ¥20,567 ¥17,275 ¥14,462 ¥11,636 ¥8,797 ¥6,136 ¥5,222 ¥5,194 ¥5,153 ¥5,798 ¥6,428 ¥7,045 ¥7,791 ¥8,524 ¥9,245 ¥9,952 ¥10,646 ¥11,326 ¥11,993 ¥12,647 ¥13,286 ¥13,912 ¥14,524 ¥15,122 ¥15,706 ¥16,276 ¥16,831 ¥17,372 ¥17,897 ¥18,409 ¥18,905 ¥19,386 ¥19,852 ¥20,302 ¥20,737 ¥21,157 ¥21,560 ¥21,948 ¥22,320 ¥22,676 ¥23,015 ¥23,338

 

【結論】現状の生活レベルだと100歳時点で2333万円が残る

 

■キャッシュフロー表の解説

53歳で早期・希望退職に申し込み、その後は再就職をせずに無職で生活した場合の前提となっております。社会保険料、所得税、住民税は収入に対して自動計算をし、生活費は物価上昇率0.4%/年を毎年計上しております。保険料の支払いは民間保険60歳払いとしています。なお、保険金の受取はキャッシュフロー表には含まれておりません。

年金受給開始の65歳までに現在の預貯金と退職金を使っていくため、65歳時点では522万円の計算になります。

なお、月々の生活費に加えて、使途不明金、車の購入、医療費、旅行代などの支出は発生するかと思います。それらの費用を全てまとめて、65歳~100歳まで毎年50万円を計上しております。

失業手当(失業給付金)については含まれておりませんので、下記選択肢をとった場合にどうなるのかを確認していきます。

【失業手当(失業給付金】

賃金日額:300万円÷180日=16,666円

基本手当日額:16,666円×50%=8,333円

 

■選択肢①『転職した場合』

仮に53歳で早期・希望退職をした後転職し、60歳までの8年間働いた場合、以下の金額の場合ですと、上記キャッシュフロー表に対して改善されます。

年収:400万円×8年間(53歳~60歳)=4,000万円

もともと年収800万円だったのに対し、年収400万円ですと、半減していますが、これがあるだけで老後はゆとりと安心を得た生活を過ごすことが可能となります。

また、退職してから6カ月後に再就職した場合は、基本手当日額:8,333円/日×180日=1,499,940円の失業手当を受け取ることができるため、この金額分も改善されます。

 

■選択肢②『起業した場合』

割愛します。

 

■選択肢③『資産運用する(FIRE)』

仮に53歳で早期・希望退職をした後、再就職をせずに、退職金で得た元本を元手に資産運用した場合、以下の金額が上記キャッシュフロー表に対して改善されます。

元手:1,000万円×5%/年(債券-IFA経由)=50万円(税引前)
50万円(税引前)×48年間(53歳~100歳)=2,400万円

【債券】

国債や社債と呼ばれる金融商品。IFA経由で契約を行うと、一般的な利率よりも高い利率で契約することができる。

mone--mana.jp

また、選択肢①のように失業手当(失業給付金)の計算を行っていきます。53歳(勤続:30年)で退職すると、最大330日分受け取ることが可能となりますので、8,333円/日×330日=2,479,890円が上記キャッシュフローに対して改善されます。

 

4-2. まとめ

この計算は一例にはなりますが、今後のライフプランを考える上で、キャッシュフロー表を作ることが非常に効果的です。また、雑費の計上や交通費の計上のざっくり行っていますが、車を70歳で乗るのを辞める、旅行は毎年行く。などの意向を織り込むことで、より精度の高い予測をすることが可能となります。

自分自身の詳しい予測を知りたいという方は、お問合せページからご連絡下さい。

 

5. 本記事を執筆した人

mone--mana.jp

 

6. お問合せ

マネ×マネ|家計の見直しから始める資産運用