【マネ×マネ】代表のプロフィール

マネ×マネ 市村

 

【名前】

市村昭憲

 

【経歴】

2014年3月 滋賀大学/経済学部 卒業

2014年4月 ㈱アドヴィックス 入社

2014年5月 調達部 配属

2014年6月 株式投資を始める

2018年5月 不動産投資を始める

2019年5月 ㈱アドヴィックス 退職

2019年12月 合同会社BlueWings 設立

2020年2月 資産運用総合コンサル『お金の相談会』開始

2021年6月 『マネ×マネ』に改名(『マネ×マネ』は商標登録申請中です)

 

アドヴィックス

トヨタ系自動車部品メーカー『AISIN』の主要会社。『AISIN』 の21年3月グループ連結売上:3.5兆円。『アドヴィックス』の21年3月売上:3,853億円。

 

【保有資格】

・証券外務員一種

 

【マネ×マネを設立するに至った背景】

会社員時代の給与明細を見て、所得税・住民税・社会保険料などが多く天引きされていることに疑問を持ち始めたタイミングから、お金全般の勉強を始めました。まずは投資の勉強から始め、そこから色んな金融関係の方と出会い独立し、今に至るのですが、多くの金融関係の方と出会っていく中であることに気付きました。

 

気付き① 『金融の営業マンは投資のプロではなく、担当営業マンである』

大手証券会社の証券マン、FP(ファイナンシャルプランナー)、保険募集人など色んな業界の営業マンの方がいて、『〇〇の営業マンの方なら安心!』と思われる方もいるかもしれないですが、それは大きな間違いでした。

例えば、保険募集人の方と話をすると、基本的には保険の話となります。保険の話をしたいと思って話をするのならば、まだいいのですが、『なんとなくお金の悩みを解決したい!』『家計の見直しをしたい!』と思っている状態で話をすると、失敗するケースも多いです。

なぜなら、保険募集人の場合、保険の話はできますが、それ以外の知識については乏しいことがほとんどだからです。そして、彼らは保険の営業マンのため、もちろん保険を契約したいです。そのため、どうしても保険よりも話になってしまいます。

しかし、相談者の方の心の内は、『保険の契約をしたいのではなく、保険を契約することで得られるメリットを得たい!』という想いもあるかと思います。実際に世の中には多くの選択肢があり、保険で契約することで得られるメリットは保険以外の他商品でも得られるケースも往々にしてあります。

例えば、『もしもの時(死亡やがんなど)のために奥さんや子供に何か残してあげたい!』という方でしたら、そういった保証がついている保険や不動産投資といった選択肢があります。

例えば、『毎月1万でも2万でも積立で運用したい!』という方でしたら、iDeCo、積立NISA、変額保険などの選択肢があります。

世の中には多くの金融商品があり、多くの選択肢がありますが、あくまで目的を達成する手段でしかなく、目的を達成できるのであれば、保険でもiDeCoでも積立NISAでも何でも良いと思っています。

しかし、それらを販売する金融の営業マンは保険や証券など自分が扱っている商品の知識しかないことが多く、目の前のお客様にとってベストな選択肢を提示してあげられているかと言われると疑問が残ります。どちらかと言うと、保険の営業マンでしたら、保険よりの話、証券の営業マンでしたら、証券よりの話になっているケースがほとんどです。

 

気付き② 『金融マンは所属性を取り、どこかの会社に所属しなければいけない』

気付き①の自社商品の知識しか持ち合わせていないことに繋がるのですが、金融マンはどこかの会社に所属しなければいけません。例えば、保険の営業マンですと、〇〇生命保険会社、総合保険代理店などに所属する必要があり、所属しなければ、商品契約をすることはできません。これは他の業界でも同様です。

しかし、前述しているように、保険も証券も目的を達成するための1つの手段でしかなく、その手段にとらわれる必要は全くありません。保険だけでも4000種類存在すると言われておりますし、株式投資、投資信託、財形貯蓄、確定拠出年金など数えきれないほどの選択肢が存在します。

そして、それぞれの商品ごとで特徴、リスク、リターン、運用方法なども異なり、相談者の年収、家族構成、将来実現したいライフプラン、気にしていること(節税したい、完全放置で運用したい、運用益は少なくてもいいからリスクを減らしたいなど)でどの選択肢を取ることがベストなのかも変わってきます。

しかし、日本の金融制度では、それができないようになっているため、他にもっと良い選択肢があるのにも関わらず、金融の知識が乏しい方は、営業マンが売りたい商品を契約しているケースも少なくないです。

 

『マネ×マネ』は『お金の悩みを”ゼロ”にする』組織

こういった背景もあり、金融会社出身ではなく、あくまでユーザー目線として何が良いのかを伝えるべく『マネ×マネ』を設立するに至りました。そして、『マネ×マネ』では、全ての金融業界と提携をし、その中でもトップレベルの知識とノウハウを有している営業マンと提携をすることで、『お金の悩みを”ゼロ”にする』ことを実現しております。

 

相談者の方には多くの相談内容がございますが、お一人お一人の状況で何がベストな選択肢なのかは変わります。資産運用した方が良いのか、家賃が家計を圧迫しているのか、保険料が高いのか、今は貯金することを頑張った方がいいのか、100人いれば100人分の答えが存在します。

『マネ×マネ』では、全ての業界のTOPレベルのプロと提携を行っており、基本的に全てのお金の悩みは解決できると思っています。それは、何をどうすればどうなるのか!ありとあらゆる選択肢を知っているからです。

 

この文章をお読みくださっているあなたも、何かしら解決したいお金の悩みは存在するかと思います。『マネ×マネ』ではそれを解決できるので、詳しく知りたいという方は、お問合せ下さい。

 

👇お問合せはこちらから

マネ×マネ|家計の見直しから始める資産運用